Toddy「子供たちに感動と笑顔の旅を、企画・提案します。」

記事一覧(3)

第1回旅行産業経営塾講義を終えて本日は、竜谷大学経済学部客員教授であり、HARAJIRI MARKETING DESIGN 代表取締役 原尻淳一氏に「マーケティング戦略に基づいて、旅行産業の新しいアイデアを量産しよう!」をテーマに講義をお伺いしました。改めて、マーケティングを考える時間をいただいた感じでした。今までは、「なんとなくこんな感じだと思う」とか「これをやれば間違いない」とか、考えてただがむしゃらにやってましたが、まんざら間違ってもなかったこともわかりました。しかしながら、具体的な戦略を継続する仕組みが、できていなかったので、今回の講義はとてもよい刺激になりました。とくに「ファンづくり」、「仕組み」をどうすればよいかを具体的に学ぶことができました。今回私の響いた言葉は、「ファンをどう動かすのか?」「仕組みをどう動かすのか?」でした。売上=頭数×頻度×量頭数=新規顧客→ブランディング頻度×量=既存顧客→関係性をつよくする(ファンクラブ)+++++++++++++コンビニ一例コンビニ1日あたりの売り上げ平均は、51万円(来店数850名)一人単価606円である。売上(51万円)=来店客数(850名)×客単価(606円)来店客数を細かく分けると、頭数(770名)×頻度(1.1回)では、どんなコンビニ戦略があるか考えてみました。改めて考えてみました。私は、こうかなと考えてみました。■頭数戦略  ①おにぎり100円②銀行サービスコーナー③テレビCM④映画タイアップキャンペーン⑤WIFI戦略■頻度①リラクマシールでお皿プレゼント②トイレ利用サービス③24時間営業④ポイントカード⑤割引クーポン■単価①お茶のセットで割引案内②700円以上購入でくじ③から揚げ増量サービス④タレントのグッズが当たる⑤おいしいコーヒー100円⑥イートインスペース⑦ドーナツ⑧本の受け取りサービス⑨無印良品などなど以前は、一人当たりの単価500円だったが、おいしいコーヒーの登場で606円となった。またセブンイレブンは地元スーパーを意識して、冷凍食品のコーナーが豊富に揃えている。などなど、よくよく考えてみると、戦略と仕組みがおもしろいなと思いました。確かに私はコーヒーを買わないので、コンビニで500円超えると高いイメージがあります。いつもセブンイレブンのくじは500円ではなく700円なのかと考えていました。不思議でしょうがありませんでしたが、理にかなう戦略をされていたことを教えていただきました。これからは、常にマーケティングの視点で物事を考えていきたいと思います。旅行産業経営塾とは、こんなところhttps://www.bsti.jp/